はじめに

薬学部を卒業して薬剤師の資格をした大学生は、殆どの場合大手病院の薬局に勤めたり、企業の研究所職に就いたりするものです。
しかし何故か次に転職をする際には調剤薬局を希望する人が多く、人気が高くなっています。
転職先として調剤薬局が人気がある理由はどの様な点でしょうか。

職場環境が良くて厚待遇

調剤薬局が選ばれる理由として一番多いのが、職場環境の良さと待遇の良さです。
病院の薬局は診療時間が終わってからも診療科によっては患者がいたり、様々な雑務があるのですぐに帰宅する訳にはいきません。
しかし調剤薬局ならば時間決めで営業していますので、受付を早めに締め切って残業ナシにしているところもあります。
完全週休2日制で営業しているところならば、休みもとり易くなります。
最近では女性が転職先として調剤薬局を希望することが多く、女性の為に産休・育休の制度を充実させるところも増えてきています。
女性を大きな戦力として見ている調剤薬局では、生理休暇や託児所なども福利厚生に含めているのです。

調剤薬局ならば地元密着型ですので自宅の近くで探すこともできます。
子育て中の女性が長く勤務することを考えると、ピッタリの職場なのです。

引越し先でも勤務できる

調剤薬局の仕事は処方箋に従って薬を処方することですので、基本的にどこの職場でも流れは同じと言えます。
一つの調剤薬局の仕事ができれば、再度転職してもほぼ同じ様に作業ができます。
女性の場合、夫が転勤でついていかなくてはならない場合もあります。
引越し先に調剤薬局があれば、経験者としてノウハウを生かして働くことができるのです。

また、大手チェーン店の薬局では夫の転勤先にある店舗に異動出来る様に取り計らってくれるところもあります。
薬局としても仕事に慣れている人材を確保したいことから、あらゆる事情に対応して異動を認めてくれる傾向になっています。

仕事が安定している

人がいる限りは病院があり、病院がある以上薬局は必要となります。
これからの高齢社会では、病院と薬局は地方に移転することはあってもなくなることはないでしょう。

薬剤師になる為には長い間勉強をして、国家試験に受かって資格を取得してきているのですから、長期的に安定して勤務できる仕事を選びたいと思うのは当然です。
病院の薬局や企業の研究職はやり甲斐があっても仕事が忙しく、プライベートとの両立が難しいと感じる様になり、調剤薬局に目を向ける人が増えています。

おわりに

調剤薬局は決して「薬剤師の駆け込み寺」ではありません。
新卒後に働きながら自分のライフスタイルを見直した時に、最も良いと思われる魅力がある職場なのです。